チャンタブリー県

チャンタブリー県

チャンタブリー県
Chanthaburiは、タイ(中心部)の県(チャン・ワット)の1つです。
Rayong、Chonburi、Chachoengsao、Sa Kaeoで接触します。
フランス軍が1893の公園Namケース(シャム危機)の後占めたもので、県は有名です。
県は、1905年後半にタイ領域カンボジア(タイのフランスのカレンダー2,448年)の
譲渡と引きかえに、タイに返されました。
そのうえ、ベトナム人は県でだいぶとても多くのように生きます。
これに関しては、19世紀前半と1920年代と1940年代(よりベトナム戦争の前後に逃げたグループ)に
コーチシナのカトリック禁止令によって県へ逃げたグループの中に
仏領インドシナから逃げたグループが、あります。


沖積土は、南県でタイの土地湾に面している地域で開きます。
それは内陸の1つの山の多い地区になります。そして、それは最も高い場所に1,556メートルです。
そのうえ、それは県を隣接関係県のTratに合併します。

そして、それは宝石の生産場所で、ルビー(サファイヤ)を採用することができます。
Chanthaburi市はタイの最大の宝石事業市場になります。
そして、外国からの多くの来客がいます。